格安な結婚式を探して家計の負担を減らそう

結婚内祝いを贈る時

ギフト

気を付けたいポイント

結婚祝いに限ったことではありませんが、お祝いの贈り物を頂いた場合は内祝いとして半額程度の品物をお返しに贈る必要があります。結婚式を挙げ、披露宴に招待した場合はお料理や引き出物がお返しになりますので、改めてお返しを贈る必要はありませんが、予想以上の額の結婚祝いを頂いた時は後日改めて相応の額のお返しをすることがベストです。披露宴に招待しない・欠席された場合や入籍のみで挙式をしない場合には、挙式や入籍の一か月後までにお返しを贈るようにします。半返しが基本となっている結婚祝いのお返しですが、目上の方に贈る場合は半額を超えてしまうと失礼になってしまうので注意が必要です。結婚祝いは頂いてからお返しまでに少し時間が空くものなので、届いたらまずは電話で丁寧にお礼を言うようにします。お返しの品物はデパートなどで購入し、のしとラッピングを頼む場合が多いと思いますが、のしの表書きを聞かれた時には「結婚の」内祝いであることを伝えておくと安心です。内祝いののしには二種類あり、結婚の場合は1度きりのお祝いという意味で紅白結び切りのものが用いられますが、出産などの何度繰り返しても嬉しいお祝いには結び直せるという意味から蝶結びのものが用いられるので、間違えてしまうと大変です。刃物や割れ物がタブーとされている結婚祝いとは違い、お返しで避けるべき品物は特にありませんが、迷った場合は少し高級なタオルなどの日用品・家族構成も考えた日持ちのする食品を選ぶと喜ばれることが多いです。